よしなし短文録

読んだり、見たり、聴いたりの気に入ったもののみについて。

「化身」 宮ノ川 顕

第16回ホラー小説大賞受賞作だそう。

ホラーなのか!
スゴイことになってるのに、主人公の思考が結構明るくて、
悲愴感がないところが好き。

ラストの続きも気になるところ。

後書きの選評を読むと「今昔奇怪録」をとっても読みたくなる。