よしなし短文録

読んだり、見たり、聴いたりの気に入ったもののみについて。

「春琴抄」 谷崎潤一郎

題名だけは知っていた。

こんな話だったとは!

佐助さんて残酷。