よしなし短文録

読んだり、見たり、聴いたりの気に入ったもののみについて。

「ありふれた祈り」

f:id:kudikudi:20161011120459p:plain

これがあまりにも良くて、つい

血の咆哮 (講談社文庫)

こっちも読んでしまった。